生姜水を自作しています

生姜水を自作しています

 私のお気に入りのフレーバー水は自作の生姜水です。作り方ですが、まず鍋に2リットルのお湯を沸騰させそこに生姜をすりおろして入れていき、そこに米のとぎ汁と胡椒を入れます。生姜は多めに米のとぎ汁はほんの少しだけ入れるのがポイントです。胡椒はその場で引くタイプのものをお湯の表面に軽くちらす程度にかけます。十分ほどかき混ぜたら火を弱めて、お玉で生姜の繊維をできる限り掬い取り冷蔵庫で冷ましたら完成です。このとき胡椒は掬わないように気を付けます。

 市販の生姜湯やジンジャーエールなどは、甘すぎたり辛すぎたりして苦手なのですが、自作の生姜水は糖分もありませんし、米のとぎ汁で辛みが穏やかになっており飲みやすく非常においしいので好んで飲んでいます。

 毎日500ml以上は飲んでいますが、市販の生姜水などに比べて身体を温める効果が強く、健康管理にも役立っています。飲み始めてから風邪をひいたことがありませんし、お風呂に入る前に飲むと発汗をさらに助けてくれます。胡椒は最初は味が好きだからという単純な理由で入れていたのですが、とぎ汁の風味と意外とマッチしますし、量を気分によって変えるのも面白いです。

 飲むだけでなく料理にも使っています。単純に鍋の出汁として使うのも寒い冬場には最適ですし、お茶漬けに混ぜるのも楽しいです。片栗粉を少し混ぜれば豚肉ともよく絡みとても美味しく味のはっきりした生姜焼きを、簡単に作ることができます。市販の生姜系の水に比べ費用も掛からないので無理せず飲み続けることができます。

↑ PAGE TOP